Column

コラム

タイヤの持ち込み交換はお得!?メリットや費用相場をご紹介

タイヤの持ち込み交換はお得!?メリットや費用相場をご紹介

 

最近、持ち込みでタイヤ交換ができるお店が増えています。しかし、持ち込みのタイヤ交換が増えている理由や、持ち込みでタイヤ交換をする際の費用をよく知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、持ち込みでタイヤ交換をしてもらうメリットや費用相場をご紹介します。

 

持ち込みでタイヤ交換できる場所

 

カー用品店

タイヤ以外にもさまざまなアイテムを取り揃えているカー用品店。その多くは、販売しているタイヤに限らず、持ち込みタイヤの交換も受け付けています。車に関係する設備が充実していて、専門的な知識や技術を持ったスタッフによる対応ができるのが特徴です。

ただし、タイヤ交換以外を目的とするお客様も多いことから、時期や時間帯、店舗によっては大変混雑する可能性も考えられます。待ち時間が長くなる場合もあるので、時間に余裕があるときに予約を入れるようにしましょう。

 

タイヤ専門店

タイヤ専門店では、商品であるタイヤだけでなく持ち込みタイヤの交換なども行なっています。取り付けできるタイヤの種類が多く、設備も充実しているので、さまざまなタイヤに対応することが可能でしょう。そのため、他のお店では断られたタイヤ交換でも受け付けてもらえる場合もあります。

またベテランスタッフも多い傾向にあるようなので、技術が高く、安心して任せられるのも特徴です。

 

ガソリンスタンド

車を持つ人にとって、とても身近な存在であるガソリンスタンド。その多くは、一般的なタイヤ交換ができる設備を持っています。そのため、時間がない場合や緊急事態などの場合でもアクセスしやすく、すぐに利用できるのが特徴です。

しかし、タイヤ交換はメインの業務ではないので、交換できるタイヤが限られている場合もあります。持ち込みするタイヤは対応できるのか、事前に確認しておきましょう。

 

ディーラー

自動車メーカーと特約契約を交わしているディーラーでは、車の販売だけでなく整備や修理も行なっています。基本的にはディーラーが選んだタイヤと交換しますが、持ち込みタイヤの交換を受け付けているお店も少なくありません。

ただし、工賃が高めに設定されていることが多く、さらに持ち込み料が必要な場合もあります。タイヤの持ち込み交換が可能かどうかを確認する際には、持ち込み料についても確認することを忘れないようにしましょう。

 

 

持ち込みでタイヤ交換をしてもらうメリット

かつては、タイヤ交換を店舗で依頼する際は、タイヤをそのお店で購入するのが一般的でした。しかし、現在はインターネットの普及により、ネット通販などで簡単にタイヤを購入できるようになっています。それに伴い、タイヤを持ち込んで交換してもらう人も増えています。

オンラインでタイヤを販売するショップの中には、実店舗で購入するよりも安い価格で手に入れることができるショップも多いので、お得にタイヤ交換したい人に人気があります。

また、価格やレビューをじっくり比較できるので、愛車にぴったりなタイヤを見つけられるのも、ネット通販が人気である理由です。最近では、購入したタイヤをお店に直送するサービスを行っているショップや、通販ショップから送られる直送タイヤを受け取って交換してくれる業者も増えてきています。自分好みのタイヤにしたい、安く手軽にタイヤ交換したいという人には、持ち込みでタイヤ交換をしてもらうのがおすすめです。

 

 

持ち込みでタイヤ交換をする際の費用相場

タイヤの脱着、組み換え

タイヤ交換では、タイヤの脱着や組み換えが基本の工賃です。脱着とはタイヤとホイール部分をまとめて交換することを指し、組み換えとはタイヤ部分のみを交換することを指します。脱着をするのか組み換えをするのかによって、費用は異なります。組み換えでの交換は1本1,000~数千円になり、脱着だけの場合はその半額程度が目安です。タイヤの大きさや依頼する業者、店舗などによって金額は変わるので、事前に確認をしておきましょう。

 

バランス調整

振動や騒音のない快適な走行をするためには、タイヤとホイールのバランスを調整することが大切です。専用のマシーンを使って上下左右のブレがないかを確認し、ブレがあった場合はホイールに重りをつけてバランスを調整していきます。

費用は、タイヤ1本につき1,000円程度です。

 

ゴムバルブ交換

空気の注入口であるゴムバルブは、使っている間に経年劣化するため、定期的な交換が必要とされます。ゴムバルブはホイールに付いているパーツで、交換するにはタイヤの組み換えが必要なので、タイヤ交換の際に一緒に行われる場合が多いでしょう。タイヤ交換と一緒に行うことで工賃が抑えられ、300~1,000円程度になる場合がほとんどです。

 

ローテーション

車の走行距離が長くなってくると、タイヤの摩耗に偏りが出てきます。その対応策として行われるのがローテーションです。タイヤを長持ちさせるために、前後左右のタイヤを入れ替えましょう。持ち込みでタイヤ交換をする際に、併せて作業してもらうのがおすすめです。

タイヤ1本につき500円程度です。

 

タイヤ廃棄料

タイヤ交換をしたあと、不要になったタイヤを処分してもらう際にかかる費用がタイヤ廃棄料です。タイヤは、自分で処分する場合であっても無料で廃棄することはできません。そのため、新しいタイヤと交換したタイミングで処分するのが一般的で、1本500~1,000円程度で引き取ってもらえます。

また、不要でもまだ状態がよいタイヤであれば、中古販売業者に買取をしてもらうのがおすすめです。

 

 

まとめ

タイヤは持ち込みで交換してもらうことで費用を抑えられますが、その際には業者選びも重要になります。「高い技術を持つスタッフがいるお店」「サービスや設備が充実しているお店」「料金の仕組みがわかりやすく安心価格のお店」など、自分に合った業者を選びましょう。

持ち込みタイヤ交換専門店の「らくらく持込タイヤ市場」なら、お得な価格で安心安全にタイヤ交換ができます。群馬、栃木、埼玉、茨城で持ち込みタイヤ交換をお考えの方は、ぜひお気軽にご利用ください。