Column

コラム

タイヤ交換は持ち込みでしてもらおう!注意点も詳しく解説

タイヤ交換は持ち込みでしてもらおう!注意点も詳しく解説

 

タイヤ交換は、専門店などに持ち込みをして行うのがおすすめです。しかし、持ち込みでタイヤ交換をしてもらう際には、いくつか注意しておくべきポイントがあります。その注意点についてしっかりと把握しておくことで、スムーズなタイヤ交換やトラブルの回避につながるほか、無駄な費用がかかってしまうのを防ぐことにもつながります。今回は、持ち込みでタイヤ交換をしてもらう際の注意点について詳しく解説します。

 

 

持ち込みでタイヤ交換を行う場合の作業

 

組み換え

組み換えとは、タイヤにホイールを取り付ける作業のことをいいます。組み換えをするのは、タイヤが摩耗したときや劣化したとき、良質なタイヤに変えて走行性や燃費などをよくしたいときなどです。また、作業には特別な工具を必要とするので、技術を持った人が作業を行う必要があります。そのため、個人で行うことは避けましょう。

 

脱着

車からタイヤを外し、ホイールが付いた状態の別のタイヤを取り付けるのが脱着です。

身近な例では、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替える作業が該当します。ホイールの取り付けのような専門的な作業は必要なく、ジャッキやレンチを使って個人でも行うことができる作業です。

 

バランス調整

タイヤには微妙なゆがみがある場合や、重さがアンバランスな場合もあります。バランスが悪いタイヤは、走行性や安全性に影響が出るため、タイヤ交換ではバランス調整が必要です。

ホイールとタイヤを組み直した時にバランスが崩れるので、脱着だけを行うのであればバランス調整をしなくても大きな問題はありません。

しかし、安全性はもちろん乗り心地をより良くするためにも、タイヤ交換をした際はバランス調整を合わせて行っておくことをおすすめします。

バランス調整は設備さえあれば個人でも可能ですが、簡単ではないのでプロにお願いする方が得策でしょう。

 

 

持ち込みでタイヤ交換を行う際の注意点

 

費用

タイヤ交換にはさまざまな費用が発生するので、あらかじめ計算をしてからタイヤを購入しましょう。まず購入するタイヤの費用ですが、サイズによっては持ち込みよりもカー用品店や専門店で購入した方が安い場合もあります。

特に大きなタイヤの場合、価格が安くても送料が高くついてしまい、結果的にお店で直接購入した方が安いということも考えられます。他にも、タイヤ交換をしてもらうお店によっては、工賃が割高に設定されていたりタイヤの持ち込み料などが発生したりすることもあるので、注意が必要です。タイヤを交換するときは、もっとも費用が抑えられる方法を事前に調べて検討し、持ち込みにするかどうかを決めましょう。

 

タイヤのサイズや種類

タイヤは、ホイールのサイズと合うものを選ぶ必要があります。

インターネット通販では、メーカーやタイヤのサイズなどでさまざまな種類があるので、必要なタイヤを正しく選ぶことが重要です。間違えてサイズ違いのタイヤを装着してしまうと、燃費が悪くなったり破裂したりする恐れがあるので、安全な走行のために正しいサイズのタイヤを選びましょう。

またインターネットでは、中古タイヤや並行輸入されたタイヤも購入できます。これらは比較的安価で購入できますが、品質に関しては保証されていません。交換をしているときに破損するなどトラブルが発生する可能性もあるので、お店によっては交換を受け付けていない所もあります。

 

ホイールのサイズや種類

ホイールのサイズが大きいタイヤや特殊なホイールを使っているタイヤの場合、タイヤ交換に対応していないお店もあります。なぜなら組み換えをする際に使用する器具が特別だったり、作業ができるスタッフが限られていたりするためです。

しかし持ち込みタイヤ交換専門店なら、設備が充実していて経験豊かなスタッフも在籍しているので、特殊なタイヤでも受け付けてもらえる可能性が高いでしょう。あらかじめお店に確認をして、持ち込むタイヤが対応できるタイプか聞いておくことをおすすめします。

 

引っ張りタイヤの場合

引っ張りタイヤは、そのスポーティな見た目から人気の仕様ですが、持ち込みのタイヤ交換には対応していない店舗も多いので注意が必要です。なぜなら、引っ張りタイヤはサイズ違いのホイールに無理やり負荷をかけてタイヤを装着するので、破損の危険があるためです。お店で引っ張りタイヤの組み換えを依頼する際は、引っ張りタイヤを扱っているか確認をしてから予約を入れることをおすすめします。

また、引っ張りタイヤにする場合は、装着になるべく無理のないサイズのタイヤを購入しましょう。

 

できれば事前に予約しておこう

急なタイヤ交換の依頼でも対応してもらえる場合もありますが、事前に予約をして来店をするのが確実です。混み合っている場合は待ち時間が発生してしまうこともあるほか、場合によっては当日中に対応してもらえない可能性があります。特に、土日や祝日は注意が必要です。地域によっては、10~11月はスタッドレスタイヤの交換の需要が高まる繁忙期にあたるため、こちらに関しても頭に入れておきましょう。

 

 

タイヤの持ち込み交換なら「らくらく持込タイヤ市場」にお任せ!

関東に12店舗を展開する「らくらく持込タイヤ市場」では、タイヤ交換の技術と経験豊富なベテランスタッフが最短30分でスムーズにタイヤ交換をいたします。

持ち込みタイヤ交換を専門としているので、組み換え作業が難しい低扁平タイヤもホイールに傷をつけることなく交換可能です。また、窒素ガスの充填無料など嬉しいサービスも充実しています。専門店ならではの確かな作業で、大切な愛車のタイヤ交換を承ります。

 

 

まとめ

タイヤは安全な走行のために正しく整備しておく必要があるので、摩耗したタイヤは新しいものに交換しましょう。現在はネットで購入したタイヤをお店に持ち込み、安い値段で交換する人が増えています。トラブルの防止やスムーズなタイヤ交換のためにも、タイヤをお店に持ち込む際は今回ご紹介した注意点についてしっかりと確認して、信頼できるお店でタイヤ交換を行いましょう。