Column

コラム

タイヤ交換の費用はいくらかかる?安く抑えたいなら持ち込みがお得

タイヤ交換の費用はいくらかかる?安く抑えたいなら持ち込みがお得

タイヤ交換の費用は、車種やタイヤサイズなどにより異なります。また、費用を安く抑えたい方はタイヤ交換専門店への持ち込みがおすすめです。ここではタイヤ交換にかかる費用をご紹介します。

 

タイヤ交換費用の内訳

タイヤ交換の費用にはどのようなサービスが含まれているのか見ていきましょう。

 

そもそもタイヤ交換とは

タイヤ交換とは、新しいタイヤを車に取り付ける作業の総称のことであり、ホイールごと交換する「脱着(履き替え)」、ゴム部分のみ交換する「組み換え」に大きく分けられます。特に、組み換え交換は高い技術や専用の機械が必要となるため、危険性も高くセルフで行うのは現実的ではありません。また、交換時に行う必要があるバランス調整(タイヤの重心を整えて車両の走行安定性を高めるための作業)も専用機器が必要であり、一般的に個人でできる内容ではありませんので、必ず業者に依頼することをおすすめします。

 

タイヤ交換の費用は「タイヤ本体の価格」+「交換に関わる諸費用」

タイヤ交換の費用は、タイヤ本体の価格と交換に関わる諸費用(「交換の工賃」+「廃タイヤ処分」+「エアバルブなど」)の合計で決まります。

タイヤ本体の価格は種類やサイズによって異なり、1本あたりの価格は2,500〜30,000円ほどと幅があります。

交換工賃に含まれるものは、「タイヤ脱着」「タイヤ組み換え」「バランス調整」が一般的であり、タイヤのホイールごと交換する「脱着」と、ゴム部分のみ交換する「組み換え」で工賃は異なります。

タイヤ1本あたりの平均工賃は「脱着」で500~2,000円程度、「組み換え」で2,000~5,000円程度です。

バランス調整の平均工賃は、タイヤ1本あたり500~1,000円ほどです。

工賃は業者によって大きく異なる場合があるので、必ず事前に確認してください。

 

また、業者によっては

・タイヤ脱着

・タイヤ組み換え

・バランス調整

の費用が別々になっており、積み上げると高額になってしまうケースもあるため、料金プランをしっかりと確認しましょう。

 

その他オプションの費用について

【バルブ交換】

バルブ交換とは、タイヤの空気注入口(エアバルブ)を交換する作業です。一般的なゴム製のエアバルブは、経年劣化による不具合を避けるため、2~3年ごとの交換が推奨されています。

バルブ交換は部品代として、タイヤ1本あたり300~500円ほどが相場です。

 

【窒素ガスの充てん】

窒素ガスの充てんとは、タイヤに窒素ガスを注入する作業です。窒素ガスを入れるとタイヤの空気圧が下がりにくくなるため、安心感が強く人気のオプションです。窒素ガス充てんの費用はタイヤ1本あたり500円前後ですが、業者によっては窒素ガスの取り扱いがなかったり別料金になったりすることがあるので、タイヤ交換を申し込む前に確認するようにしましょう。

 

【タイヤ廃棄費用】

タイヤ交換の際には、必要に応じて古いタイヤの廃棄を依頼することもできます。タイヤの処分費用は、一般的にタイヤ1本あたり約300~600円ほどです。自身で不用品回収業者にタイヤ廃棄を依頼すると、タイヤ1本あたり数千円かかることもあるので、タイヤ交換と一緒にタイヤ廃棄を依頼するほうがお得でしょう。

 

 

タイヤ交換の費用を安く抑えたいなら持ち込みがおすすめ

 

タイヤ交換の費用をできるだけ安く抑えたい方は、持ち込みでのタイヤ交換がおすすめです。

 

タイヤ交換には2つのパターンがある

そもそもタイヤ交換には

 

①店舗でタイヤを購入し、そのまま取り付けてもらう

②ネット通販でタイヤを購入し、店舗に持ち込んで取り付けてもらう

 

という2つの方法があります。それぞれのメリットについてご紹介します。

 

店舗でタイヤを購入するメリット

店舗でタイヤを購入すると、タイヤのプロによる説明や提案を受けることができます。どんなタイヤが欲しいのかを伝えることで、要望にぴったりのタイヤを案内してもらえるのは大きなメリットです。また、購入から取り付けまでをその日のうちに完了させることができるため、急ぎの際にも便利です。

 

ネット通販でタイヤを購入するメリット

新しいタイヤをネットで購入し、タイヤの持ち込み交換が可能な業者に任せるとお得です。場合によっては、新品のタイヤを店頭価格の半額程度で買えることもあります。

通常、タイヤを持ち込んだ場合のほうが、店頭でタイヤを購入した場合よりもタイヤ交換の工賃は高くなる傾向にあります。

しかし、キャンペーンや条件付きで工賃が安くなる場合もあるので、最新情報をチェックしてみましょう。

 

「持ち込みタイヤ交換専門店」はタイヤ交換の工賃が安い

「持ち込みタイヤ交換専門店」とは、ネット通販やオークションなど、店頭以外で購入したタイヤで交換を行うお店です。持ち込みタイヤ交換専門店は工賃が比較的安く済む場合が多く、タイヤ1本あたり1,500~3,000円程度が相場です。

また、ネットで購入したタイヤを直送できる店舗であれば、運ぶ手間もかからず便利です。

 

交換のみは受け付けていない業者も

持ち込みタイヤ交換専門店でない場合、業者によっては持ち込みでのタイヤ交換に消極的もしくは断っているケースが存在します。

持ち込みでのタイヤ交換ができるか否かについては、予約前にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

タイヤを持ち込んで交換する際の業者ごとの相場

タイヤの持ち込み交換ができる場所はいくつかあります。以下では、業者ごとにタイヤの持ち込み交換の費用相場をご紹介します。

 

持ち込みタイヤ交換専門店

持ち込み交換を一番歓迎しているのは、もちろん持ち込みタイヤ交換専門店です。タイヤの交換作業に特化しているため、高い技術力と作業スピードが魅力です。車種やタイヤの種類に関わらず作業が可能であり、リーズナブルな価格設定が多いことも大きな特徴です。

また、直送可など持ち込みに特化したサービスを行っていることも多いので、手間がかからずおすすめです。

まだ店舗数が少ないという面もありますが、利用者にとっては総合的にメリットが多いでしょう。

費用相場は、タイヤ1本あたり1,500~3,000円ほどです。

時期によってキャンペーンが開催されることも多いため、お得に交換できるチャンスをチェックしてみましょう。

 

タイヤ専門店

タイヤ専門店はチェーン店が多く、利用しやすいことがメリットです。タイヤに関する知識が豊富で技術が高く作業も早いため、急いでいるときにも便利です。費用も明確に提示されていることが多く、事前に予算と比較しやすいでしょう。

ただし店舗によっては購入したタイヤのみを対象としており、持ち込みでの交換は不可もしくは歓迎していない場合があります。またトラック専門など、店舗によって得意分野が異なる場合もあり、普通車を対象外とする店舗も存在します。そのため、自分の条件にあった店舗を見つける必要があるでしょう。

費用相場はタイヤ1本あたり2,000~5,000円程度です。ただし店舗や車種・タイヤの種類などによっては追加料金が必要になる場合もあります。

 

カーディーラー

カーディーラーでは車の点検や車検と同時にタイヤ交換作業を依頼できるため、できるだけ手間をかけずに一度で済ませたいという方におすすめです。

ただし、完全予約制の場合が多く、予約が取りにくいことがあります。作業時間は1~2時間程度と比較的長めなので、時間に余裕がないときには向いていません。また、持ち込み交換は対応していないこともあるため、事前に確認しましょう。特にそのディーラーで購入した車ではない場合、登録等の手続きが必要になることもあります。

費用相場は、タイヤ1本あたり3,000~8,000円程度です。タイヤ交換は外注や時間制で行なっていることもあり、比較的相場は高めになります。

 

カー用品店

カー用品店は全国チェーンで展開していることが多く、利用しやすい点がメリットです。

しかし、対応するスタッフはベテランの方からアルバイトの方まで幅広く、場合によっては技術や対応にばらつきがある可能性があります。またカー用品店の事業は交換作業ではなく、あくまでも販売がメインです。そのため持ち込み交換は受け付けていない、または歓迎していないケースがあります。

カー用品店でのタイヤ交換は持ち込みの場合、費用が2~3倍になることもあります。一般的に1本2,000円~8,000円程度と考えておきましょう。

 

 

まとめ

タイヤ交換の費用はタイヤの種類や大きさ、工程、業者によって異なります。できるだけ安く済ませたい方は、持ち込みタイヤ交換専門店でのタイヤ交換がおすすめです。「らくらく持込タイヤ市場」では、タイヤの組み換え交換に対応しており、窒素ガス無料充てんや車種による割増料金なし等さまざまな特典、安心サポート体制が付いています。持ち込み交換専門店ならではの高い技術と豊富な知識を持ったベテランのスタッフが対応しますので、タイヤ組み換え交換をする際には「らくらく持込タイヤ市場」にぜひお任せください。